薬局 ドラッグストア

薬局でコンタクトレンズは販売しているのでしょうか?

コンタクトレンズを購入する場所としては、眼科などの医療機関(実際には併設の薬局)、コンタクトレンズ専門の実店舗、眼鏡販売店の一部、オンラインのコンタクトレンズショップなどが挙げられます。

 

それぞれに、メリット等があるのですが、コンタクトレンズを処方箋なしで購入するには、オンラインのコンタクトレンズショップがお勧めです(ただし、処方箋提出要と不要の両方のお店が存在します)。

 

では、ドラッグストアなどの薬局ではどうなのでしょうか?マツモトキヨシやクリエイトSDをはじめとするドラッグストアや街の薬局でもコンタクトレンズを購入することは可能なのでしょうか。

 

法律的にいきますと、薬事法で定められた高度医療機器販売管理者が店舗毎にいることが最低条件になります。そうでないと、高度管理医療機器に該当するコンタクトレンズを販売するための許可を持つことが出来ません。

 

マツモトキヨシでは、ユーロビジョンとういメーカーのユーロ・ワンデーというコンタクトが販売されていたりします。ただ、これも全国的に販売展開しているかどうかは不明で、もしかしたら、高度医療機器販売管理者がいる一部の店舗の限られている可能性はあります。

 

また、マツモトキヨシではオンラインショップも運営しているのですが、そこでは、コンタクトケア製品と度なしカラコンのみとなっています。通常の視力補正用のコンタクトレンズの販売はおこなっていません。

 

クリエイトSDでは、当社が調べる限りではコンタクトレンズの販売は行われていません。クリエイトSDもオンラインショップがあるのですが、実店舗・オンラインショップあわせて、販売しているのは、コンタクトケア製品のみとなっています。

 

薬局でコンタクトレンズを販売することは可能です。逆に、2005年4月の薬事法改正以降は、眼科で直接、コンタクトレンズを販売することが禁止されました。現在では、特定の眼科と提携してコンタクトレンズを販売する薬局もあります。

 

薬局でコンタクトレンズが購入できるかは、その薬局によるということになります。

 

営業所毎に、高度医療機器販売管理者を置かなければならない人的コスト等から、コンタクトレンズ販売見合す薬局もあるかもしれません。また、コンタクトレンズ専門店との競争もありますがから、そういった兼ね合いもあるでしょう。

 

いずれにしましても、眼科を利用して、その提携先の薬局でコンタクトを購入する必要がある、というようなことでもなければ、特別、薬局でコンタクトレンズを購入するメリットというのもないかもしれません。

 

私のお勧めとしては、コンタクトレンズ専門オンラインショップを利用することです。もちろん、店頭販売のお店同様に、高度管理医療機器等販売許可証を取得してコンタクトの販売をしていますので、安心です。購入時に処方箋の提出も不要ですので、気軽に利用できるというメリットもあります。

 

日本国内のコンタクトレンズ通販ショップであるアットスタイルは、多くの人が利用しているお店として有名です。海外通販と違って、商品は全て国内正規品であるため、さらに安心です。当サイト内の「アットスタイルなら処方箋なし」というページで詳しく説明していますので、よかったらお読み下さい。