なぜ

なぜ処方箋なしでコンタクトレンズ購入が可能なのか

コンタクトレンズの販売店には、眼科の処方箋の提出を求めるお店と、処方箋なしで購入できるお店があります。なぜ、このような2種類の違う形態のお店が存在しているのか疑問に感じている方もいるのではないかと思います。

 

このように、処方箋提出要のお店と、不要のお店があると、本来、処方箋提出が必要なことが、法律的にも正しいのではないかと思う人もいるでしょうが、実はそのようなことはありません。実際には逆で、処方箋なしでの購入が法律的には認められています。だからといって、当然、処方箋要なのが違法というわけではありません。処方箋なしでの販売も合法であるという意味です。

 

ですので、「なぜ処方箋なしでコンタクトレンズ購入が可能なのか?」という疑問・質問があるとしましたら、それがそもそも合法的な行為であるから、というのが答えになるのかと思います。

 

では逆に、「なぜ、処方箋提出しないとコンタクトレンズが購入できないお店があるのか?」という観点からみてみたいと思います。それは、販売店側の自主規制というのが、表向きの理由となるのかもしれませんが、実質的には、コンタクトレンズメーカーからの指導・規制によるものが大きいかと覆います。

 

レンズメーカーは、万が一のためにも、処方箋提出は義務付けないと思っています。また、処方箋不要のお店の乱立などは、価格破壊も招きますし、商品のコモディティ化も進めてしまいますから、是が非でも避けたいところです。

 

そのような事情から、レンズメーカーは、販売店側に対して、要望を伝えます。そして、力のあるレンズメーカーは、強い影響力を持っていますから、結果的に、販売店側はメーカーの意向を反映せざるを得ません。それが、処方箋提出要のお店を、存続させている大きな理由であると言って差し支えないと思います。