BC

コンタクトレンズを選ぶ際のBCとは

コンタクトレンズを購入する際には、レンズデータを選ぶ必要があります。さの際に求められるデータが「BC」です。BCというのは、Base Curve(ベースカーブ)の略です。これは瞳の湾曲を数字を表したものです。

 

例えば、1日使い捨てコンタクトの人気レンズであるワンデーアキュビューモイストの場合、BC(ベースカーブ)は、8.5と9.0の2種類から選ぶことが出来ます。この8.5と9.0は具体的にはどのようなことを表しているのでしょうか?

 

BCの単位はミリメートルです。ですので、8.5ミリと9.0ミリになるのですが、これらは半径の数字を表しています。BC8.5は、半径8.5ミリの円となるカーブ。BC9.0はm半径9.0ミリの円カーブのことです。

 

従いまして、8.5の方が9.0と比べてカーブが急ということになります。そして、このカーブは個人差があります。

 

ただ、コンタクトレンズを選ぶ産のBCは、あなたの瞳のBCそのままではありません。実際の瞳のカーブの方が数字が小さい(カーブがきつい)はずです。瞳とピッタリのBCのレンズにしてしまうと、瞳にレンズが張り付いてしまいますし、涙の交換がスムーズに行われません。

 

コンタクトレンズのBCは瞳のBCよりも大きくなります。日本人の場合、瞳のBCは8.3程度までの人が多いようです。そして、装用するコンタクトレンズのBCは、この数値よりも若干大きいものを使用します。

 

使い捨てを含めたソフトコンタクトレンズの場合は、BCは多少数値が違っても、特に大きな問題にはならないようです。レンズが柔らかいので、多少の違いは自然とフィットするようになり、使用上問題はほぼおこりません。

 

したがって、ジョンソン&ジョンソンのワンデーアキュビューモイストの場合でもBCは8.5と9.0の22種類。アルコン(旧チバビジョン)のエアオプティクス・アクアは、BC8.6の1種類。ボシュロムのメダリストワンデープラスもBC8.6の1週類。また、ボシュロムのメダリストプラスはBC8.4、8.7、9.0の3種類あったりします。レンズメーカーやレンズの種類によって異なってきます。

 

ソフトレンズと違って、ハードコンタクトレンズの場合のBCは厳密さが求められます。ソフトの場合と違って、多少違っても自然にフィットすることは望めません。BCが合っていないと違和感を感じたり、レンズが外れやすくなったりしてしまいます。例えばメニコンEXですと、BCの数値は、7.20から8.40まで0.05刻みでBCが用意されています。ソフトレンズとは随分違います。

 

ソフトレンズの場合は、カーブが緩くて合わないというようなことはほぼないようです。ちなみに、ジョンソン&ジョンソンのワンデーアキュビューは、以前はBC8.5と9.0の2種類があったのですが、2013年からはBC9.0の1種類のみとなっています。